クラウドファンディング
(*)「ソーシャルファイナンス革命」 (詳細クリック!)

<概要>
いま,人と人のつながりを活かした新しい金融の仕組みが,世界を変えようとしています。たとえばウェブを通じて多数の個人から少額の出資を募るクラウドファンディングは,途上国の学生への就学支援,応援したいアーティストへの投資,こだわりを持ったモノづくりに対する資金提供など,社会を動かす新しいエンジンとなりつつあります。投資ファンドのプロフェッショナルとして活動しつつ,NPOの代表も務める著者が,マイクロファイナンス,クラウドファンディングをはじめとするソーシャルファイナンスの仕組み,そのインパクト,そして未来について解説。ソーシャルメディアと金融の出会いが,世界を前進させる!

<目次>
第1部 ファイナンスの基礎を理解することからはじめよう
 第1章 資本コストのフレームワークを理解する
 1.1 なぜフレームワークを用いるのか
 1.2 資本コストは「待つこと」「リスク」「情報取得」の三つの対価で決まる
 第2章 金融の仕組みをフレームワークで考えてみる
 2.1 銀行はどのような役割を果たしているか
 2.2 金融にイノベーションが起きると資本コストは下がる
 2.3 人と人との関係が金融に与える大きな影響
 2.4 ソーシャルファイナンスの全体像
 2.5 人間関係が変わればファイナンスの形態も変わる

第2部 共同体の「グループの力学」によるファイナンス
     ──コミュニティファイナンスの現場
 第3章 マイクロファイナンスの仕組み
 3.1 マイクロファイナンスはこうして生まれた
 3.2 マイクロファイナンスのカラクリ
 3.3 女性による女性のためのマイクロファイナンス機関 TYM Fund
 3.4 コミュニティの力学を活用したファイナンス
 第4章 21世紀のマイクロファイナンスが抱える課題
 4.1 過度の商業化がもたらした弊害
 4.2 マイクロファイナンス機関はどのように資金を得ているか
 4.3 マイクロファイナンスに貧困削減効果はあるか?

第3部 情報技術の進歩が可能にした新しいファイナンス
     ──P2Pファイナンスとクラウドファンディング
 第5章 ITの進歩がもたらしたP2Pファイナンス
 5.1 P2Pファイナンスやクラウドファンディングの基本的な仕組み
 5.2 P2Pファイナンス成長の背景にあるもの
 第6章 P2Pファイナンスの現場から
 6.1 世界を変える可能性を秘めたプラットフォーム
 6.2 P2Pファイナンスのカラクリ
 6.3 P2Pファイナンスが成功するための要件
 6.4 日本のP2Pファイナンスの事例

第4部 21世紀のファイナンスがもたらす未来
 第7章 21世紀のファイナンスのグランドデザインを考える
 7.1 原則1 インセンティブ設計がしっかりしていること
 7.2 原則2 参加自由とリスク負担の原則が貫かれていること
 第8章 21世紀の金融は世界をもっと自由なものにする
 8.1 これから先に起こるかもしれないこと
 8.2 金融のイノベーションでより多くの人にチャンスと自由を






(*)クラウドファンディング – Wikipedia
クラウドファンディングは、不特定多数の人から資金を集める行為である。群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、製品開発やイベントの開催、チャリティなどの用途で利用されることが多い。ソーシャルファンディングとも呼ばれる。






(*)クラウドファンディングとは – はてなキーワード
クラウドファンディングとは、ある「志」を持った人や団体に対する資金を、ネットを通じて多数の支援者から収集し実現する手法。
ここでのクラウドは「群集 (Crowd)」ファンディングは「資金調達(funding)」という意味。(Crowd Funding)

<種類>
「寄付型」 : リターンを一切求めないタイプ(提供者に見返りなし)
「購入型」 : 金銭以外のリターンがあるタイプ(作品やイベント招待など)
「投資型」 : 金銭的リターンを想定するタイプ(事業が成功すれば、お金としてリターンがある)






(*)ビジネスと経済ニュース

(*)ビジネススキルとキャリアアップ

クラウドファンディング 掲示板 クラウドファンディング

広告

リーダーになる人が身につけておきたいこと
(*)「THE21増刊号 2012年8月」

<特集:リーダーになる人が身につけておきたいこと>

「リーダーは責任が重くて大変だ」
「部下がついてきてくれるか不安だ」
「忙しくて自分の時間がとれなくなる」
など、“リーダー”というポジションにネガティヴなイメージをもつ若いビジネスマンが増えています。
しかし、リーダーは、社内外の人を巻き込みながら大きなプロジェクトや仕事を成し遂げられる、とてもやりがいのあるポジションです。
本書では、各界の第一線で活躍する経営トップが、リーダーとしての心構えから、仕事の判断基準、効果的な部下指導法、経営数字の読み方まで、地に足のついたリーダーシップとは何かについて熱く語ります。

・部下の多様性を認めながら経営理念の伝道師となる — 山内雅喜
・個々人の能力差よりも「手に取るようにわかる」ことが大事 — 坂根正弘
・悪くなることを想定してつねに先手を打っておく — 星野佳路
・トップの方針を現場の第一線まできちんと浸透させる — 細谷英二
・新規事業の計画は最低100パターンつくらせる — 孫正義
・コピー代の金額でも厳しい突っ込みを入れる — ビル・ゲイツ
・素人のフリをして答えを他人から引き出す — 岩田聡
・単刀直入に接してずばり大きなことを要求する — カルロス・ゴーン
・仕事において死に金は一銭たりとも使わない — 鈴木修
・思いついたアイデアをノートや用紙に書き留める — 三木谷浩史
・プレゼンではすぐにプロジェクターをOFFにする — ジャック・ウェルチ
・膨大なコストをかけてもダイレクトの対話にこだわる — 鈴木敏文
・意思決定の基本の型をひたすら反復練習する — 大前研一
・日々の仕事のなかで「判断基準」を更新する — 小宮一慶
・軌道修正のためのオプションを用意する — 北尾吉孝
・失敗を瞬時に取り戻すための代案を豊富にもつ — 上野和典
・難易度の高いピースを最初に解決しておく — 遠藤功
・判断する前に複数の意見を聞く — 田中邦彦
・売上げよりも大切なのは数量である — 小山昇
・日々の行動を数字に落とし込んで管理する — 井上高志
・当事者意識をもって数字をみるようにする — 森正文
・数字を現実世界の「かず」としてみる — 鈴木修
・数字をサービスの関数と捉える — 安部修仁
・数字の背後にある客の心理を読む — 鈴木敏文
・「生きた数字」で組織を動かす — 稲盛和夫
・目立たない部分に着目してきちんとほめる — 小路明善
・「主役は部下」という姿勢をとことん貫く — 吉越浩一郎
・一人ひとりの「やる気の源泉」を把握する — 小笹芳央
・参考文献を同時に読み著者の思考過程を追体験する — 酒巻久
・本の内容を自分の仕事に置き換えて読む — 岩瀬大輔
・さまざまなジャンルの本を同時並行的に読む — 成毛眞
・自分自身の差別化を考えて愚直にやり続ける — 新浪剛史
・問題に直面するたびに“座右の書”をひもとく — 堀紘一
・逆境のときこそ意識的に明るい言葉を口にする — 澤田秀雄
・プラスの言葉を使って「自律神経」に働きかける — 兼元謙任
・あらゆる人間の長所を見出しそれにあったビジネスを考える — 渡邉幸義
・会社の現状や問題を全社員で意識共有する — 栗山敏昭
・「掃除・朝礼・挨拶」凡事徹底に勝るスキルはなし — 古田土満
・会社の経営理念を共有できる社員を一人でも多くつくる — 石坂正人
・顧客の気持ちに寄り添いビジネスチャンスをつくる — 黒川明彦
・本物の“家づくり”で本物の“人の輪”をつくる — 赤塚幹夫

リーダーになる人のリーダーシップ






(*)「ウォーレン・ベニスの著書」
・本物のリーダーとは何か
・リーダーになる


(*)「ストーリーテリングに関する書籍」
・ストーリーテリングが経営を変える 組織変革の新しい鍵
・顧客の心をつかむストーリーテリングの極意
・ストーリーテリングのリーダーシップ
・ユーザエクスペリエンスのためのストーリーテリング
・成功者は皆、ストーリーを語った。






(*)あなたが上司でよかった! 部下を目覚めさせた涙の名言
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=000806

(*)外国人上司と日本人上司、こんなに違う7つの選択
http://japan.zdnet.com/development/analysis/35009578/

(*)働く女子が「上司になったら一番気をつけたいこと」
http://mdpr.jp/021154886






<齋藤孝の人間関係力養成講座>

(*)タイプ別・上司とうまくつきあう方法
http://www.hitachi-solutions.co.jp/column/relation/feature/01/
尊敬できる上司から、「つき合いにくさ」を感じてしまう上司まで。タイプ別の接し方を探ります。

(*)部下を育てるアプローチ法
http://www.hitachi-solutions.co.jp/column/relation/feature/03/
「風通しをよくする」「評価する」「叱る」「任せる」 4つのステップから部下の能力を引き出します。















ビジネススキルとキャリアアップの情報掲示板 上司と部下の人間関係(嫌い,合わない,むかつく)悩み 掲示板 リーダーの条件 ストーリーテリングとは

ゲームの技術やメカニズムをビジネスに生かす
ゲーミフィケーション
(*)「ゲーミフィケーション」 (詳細クリック!)

なぜソーシャルゲームはCMで大量に宣伝するほどに莫大な利益を生んでいるのだろうか?
“ゲーム”を読み解けば、今のビジネスが見えてくる。これからのキーワードである「ゲーミフィケーション」を知るための一冊。

オバマは大統領選において、「ソーシャルメディアをうまく利用して勝利した」とされているが、実はそれだけではない。
〈ソーシャル〉とともに、自らを勝利へと導くための〈ゲーム〉を組み込んだからこそ、歴史的な勝利を収めたのだ。

ナイキ、スターバックス、ディズニーなどビジネスで成功する企業は、〈ゲーム〉を巧みに利用することで、顧客や従業員とのエンゲージメント(関係性)を維持している。
「ゲーミフィケーション」はロングテール、Web2.0、フリーミアムなどに続くテクノロジーのトレンドワードとして、米国ガートナー社が認めるハイプサイクルに登録された。

「グローバル2000企業のうち70%以上の企業は、少なくても何らか一つはゲーミフィケーションの仕組みを持つことになるだろう」と同社はコメントしている。

ソーシャルゲームが莫大な利益を生み出すなか、
〈ゲーム〉を知らずして今のビジネスは語れない。

<目次>
Chapter1 ゲーミフィケーションとは何か
 PART1 ソーシャルはゲームへ
 PART2 ゲーミフィケーションの誕生
 PART3 ゲーミフィケーション・インパクト ゲームがビジネスを変える
 PART4 ゲーム環境の拡大 空間、時間、人
Chapter2 ゲーミフィケーションを考える
 PART5 ゲーミフィケーションの実践のために
 PART6 ゲーミフィケーションとその論点
 PART7 多様なゲームの可能な社会へ






(*)ゲーミフィケーション – Wikipedia
ゲーミフィケーション(gamification)とは課題の解決や顧客ロイヤリティの向上に、ゲームデザインの技術やメカニズムを利用する活動全般。
ゲームデザイン手法や仕組みを用いて問題の解決やユーザー契約などを獲得すること。例えば、既存のシステムやサービスへの、ポイント性、順位の可視化、バッヂ、ミッション、レベルシステムの採用など。さらにゲームの要素を盛り込むことによって楽しみながら意図せずそれらと関わっていってもらうことが目的で行われる場合もある。






(*)ゲームの技術やメカニズムをビジネスに生かす
ttp://biz.bcnranking.jp/article/column/m_hitokoto/1203/120306_129146.html
 企業内でのソーシャルメディア活用の動きに変化がみられます。企業は、数年前から情報共有ツールなどの用途でパッケージの導入を進めてきましたが、その多くが失敗に終わりました。さまざまな失敗を経て、近年は新たなトレンドが到来しているのです。
 その一つが、ゲームデザインの技術やメカニズムを他の分野に応用する「ゲーミフィケーション」。タニタの「からだカルテ」やタカラトミーの「人生銀行」がそれにあたります。企業向けでも、ゲーミフィケーションを活用し、ソーシャルメディア利用のモチベーション研究に取り組んでいる日本IBMのような事例がみられるようになりました。
 現段階では、実証実験レベルや一部適用にとどまっているものが大半です。しかし、今後、ゲーミフィケーションを活用したソリューションが続々と登場することになりそうです。






(*)ゲーミフィケーション 書籍 (詳細クリック!)
・ソーシャルゲームはなぜハマるのか ゲーミフィケーションが変える顧客満足
・ゲームストーミング 会議、チーム、プロジェクトを成功へと導く87のゲーム
・ゲームニクスとは何か 日本発、世界基準のものづくり法則
・ゲーミフィケーション ゲームがビジネスを変える
・幸せな未来は「ゲーム」が創る






(*)ビジネスと経済ニュースの情報

(*)就職活動






ゲーム開発(アプリ開発。ゲームプログラミング) 掲示板